トップページ以外でも適用出来るタンブラーとドメイン

タンブラーは、マイクロブログサービスの一つであり、SNSとしての機能も有しています。
タンブラーでも取得した独自ドメインを設定する事が出来ます。
設定方法は、ドメインサイトの設定画面でDNSレコードを設定して使える状態にしておきます。
次に、タンブラーの「外観を編集」の項目から「独自ドメインを使用する」という項目にチェックを入れておきます。
ドメインサイトでの設定が正しければ、暫くしてタンブラーでも設定が完了します。
トップページ以外にも適用されますので、サイト全体が独自ドメインでアクセス出来るようになります。
この方法を使う事によって、サイトはネットユーザーにURLを覚えてもらいやすくなり、アクセスの向上が期待出来ます。
タンブラーに独自ドメインを設定する際に押さえておくべきポイントは、サイトの内容とデザインがイメージしやすい物を予め取得しておく事です。
また、アクセス数を向上させるには、SEO対策が必要になってきます。
SEO対策としては、被リンクの設置や質の高いコンテンツの作成などが考えられますので、サイトを検索エンジンに最適化させていきます。
タンブラーは、SNSとして機能させられますので、世界中の人々と意見を交わしたりしていく事でも、SEO効果を高められます。
運営しているサイトと関連性が高いサイトと連携する事で、サイトの価値を高められ、長期にわたってサイト運営をする上でコンテンツの作成がしやすい環境作りが行えます。
独自ドメインとカスタマイズ性の高いタンブラーを組み合わせる事で、機能性とデザイン性を両立した検索されやすいサイトを構築する事が可能です。
独自ドメインは、サイトの顔になる部分ですので、サイト運営者は拘りを持てる物を選ぶとサイトを継続して運営する意欲が湧きます。