同一ドメインのサイト内で転送設定する方法とメリット

同一ドメインのサイト内の特定のページへのアクセスを促したい時や、サイトの改装などで一部のページのurlだけを変更した時などには、ページにurlを記載するだけではなく、自動転送の設定をしておくと便利です。同一のドメインのサイト内でも、異なるドメインのサイトと同じようにリダイレクト設定によって転送することができます。
同一ドメインのサイト内でリダイレクト設定をして転送する方法としては、metaタグを編集する方法やファイルマネージャーでルートディレクトリに「.htaccess」ファイルを作成する方法、その他のプログラムを使用する方法などがあります。リダイレクトの種類を選べる方法を使えるのなら、特別な理由がない限り301リダイレクトを使用するとSEO対策になります。設定が正しく行われているかどうかは、実際にそのページにアクセスしてみるか、HTTPレスポンスやアクセスログのエラーログから確認することができます。延々とリダイレクトし続けたり、404エラーログが増えたりしていたら、設定ミスの可能性が高いので再設定します。
サイト内で転送設定をするメリットには、サイト内での移動がスムーズになる、閲覧者のクリックの手間が省ける、特定のページのアクセス状況を任意で操作可能といった利便性の面と、旧ページで培ってきた経年数の恩恵を享受できるので検索エンジン上の評価を稼ぎやすい、自分が管理者ではない他のサイトから参照されている場合にそのリンクをそのまま活かせるといった、SEO対策やアクセス数の面でのメリットがあります。ただし、後者のメリットを活かすにはリンク切れを起こさないことが重要なので、旧ページを削除せずに保持し続ける必要があります。