vodafoneから迷惑メール扱いになるドメイン

特定のドメインからメールを送ると迷惑メールのフォルダに自動転送される場合があります。スマートフォンでも行われますしvodafoneのようなガラケーと呼ばれている従来の携帯電話でも同じです。基本的に迷惑メールとして扱われるものはURLが貼り付けてあるもの、ドメインの部分がサブドメインのようになっているもの、画像が多く、スパムのような扱いになっているものが挙げられます。また迷惑メール拒否設定をしておけば、フィルターが強くなり、メールが届きにくくなります。この対策をした場合、登録のメールが届かずに新しいサイトの会員になるのに手間取るというデメリットがあるので注意が必要です。
トロイの木馬やその他のコンピューターウィルスが普及した現代では、むやみやたらにメールを開くことは危険が伴います。加えて、添付ファイルやジップファイルを開けてしまうと一気に感染が広がるリスクがあります。できる限り、そのようなことがないように注意をし、自分のパソコンが危険にさらされることを避けなくてはいけません。そのため迷惑メールフォルダは価値のあるサービスなのです。
もし、特定のメールを受け取りたい場合は、ドメイン受信設定というものがあるので、それを活用して「このドメインのメールは受け付けOK」という設定をしなければいけません。この作業を行うことで本当にウィルスを持っているメールを排除できるのですから、悪いものではないでしょう。
基本的に迷惑メールフォルダは一定期間が過ぎれば削除されます。安心安全にパソコンを活用するためにも大切なポイントです。ドメイン指定で受信するときは細心の注意を払って、メールを受け取るようにしてくださいね。